ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ありがとうございました | main | フェデラルからニュータイヤ登場です!! >>
2017.01.30 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.16 Saturday

タイヤを理解してください

また悲惨なバス事故が起こりましたね!!

http://mainichi.jp/graphs/20160115/hpj/00m/040/001000g/21

事故現場の写真ですが、この中で注目してもらいたいのは、タイヤ痕の写真です

あくまで憶測ですが、このタイヤ痕から推測されるのは、スタッドレスだろうと言うこと!?
多分ですが、スキー場に行くバスですから、当然雪は織り込み済みでは無かったでしょうか??
では、なぜそれが問題なのかですが、スタッドレスタイヤは雪道では威力を発揮しますが、ドライ
路面では、通常タイヤより、グリップ力は相当落ちますし、またコンパウンドが柔らかい為、発熱が
凄く、ドライ路面ではズリズリなんですよ、雨でも通常タイヤよりグリップは落ちますし、夏の雨の日
高速でスタッドレスタイヤで走行してスリップ事故起こした例も多数あります

この運転手、長距離ははじめてしかもスキーツアーも初めてだったらしい、それで道を間違えた
のかどうかは知りませんが、くねくねの峠道をある程度以上で飛ばして曲がりまくってれば、当然
タイヤは悲鳴を上げます!!そして下りに差し掛かる、スピードが上がる!!もう対処できない
タイヤはスポンジのような状態、ハンドルに反応しなかったかもしれません

これは悲しい出来事ですが、どんなベテラン運転手でも、知識と経験がなければ、素人と同じ!!
バス会社の責任もありますが、経験のない素人同然の雪道も知らないかもしれない、運転手に
高速道をまっすぐ行くだけじゃない道を運転させたのか!?


少なくとも車の挙動を知り、タイヤの事を知ってればこんな悲惨な状態にはならなかったのでは?
と思う次第です。簡単にスピードの出し過ぎ、が原因でしょうが、このタイヤでならもうこれ
以上は危ないとか察知できればそこまで無謀な運転はしなかったでしょう、本人も自分の命まで
掛けて飛ばすなんて絶対しないと思います。

と言うことで、雪国になれていない地区のドライバーの皆さん
冬タイヤ(スタッドレス)の特性をよく理解してください
そして自分の車の挙動も覚えてください、いつもこの峠はこのくらいまで大丈夫だから
ではいざという時、間に合いません、雪道ならスタッドレスでも十分注意して走る
と思いますが、雪がない冬の道路、これが曲者なんです、夏タイヤの60%程度しか
冬タイヤはグリップしません、これを十分頭に入れて安全運転を・・・




FRDERAL 
スタッドレス タイヤ

アパルーサでは、各車種用取りそろえております
    ※バス用はございません(・。・;

どうぞ、冬タイヤの特徴をご理解の上、ウィンタードライブをお楽しみください<m(__)m>

   九州地区フェデラルタイヤ代理店       
      アパルーサ タイヤ流通市場 
         

     



 
2017.01.30 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR